CMS Designer - CMSを顧客のwebに簡単導入!
デザイン自由&シンプル設計。RSS対応。
デザイナー向け低価格web更新ツール。
TOPへ製品についてご購入ダウンロード導入事例よくあるご質問ユーザーフォーラム
TOP > ご購入
ご購入方法
 オンラインにて今すぐご購入頂けます。銀行振込や郵便振替もご利用頂けます。
 特定商取引に関する法律に基づく表示はこちらをご覧下さい。

 オンラインでの決済方法として「クレジット決済(VISA/MASTER/Diners/JCB/AMEX)」「コンビニ決済(ローソン/セイコーマート)」をご利用頂けます。手数料は弊社負担で無料です。
 銀行振込郵便振替(ぱるる)をご利用頂く場合には、お振込手数料は申し訳ありませんが各自でご負担下さい。

 手数料無料の「コンビニ決済」又は「クレジット決済」が便利です。
 ご購入手続きは暗号化されておりますので安心してお手続き下さい。
 また、領収書の扱いにつきましてはこちらをご覧下さい。

 設置先のサーバ環境がCMS Designerの動作をサポートしていない場合もございます。お支払いは、一度お客様のサイトに設置して充分な動作確認をなさった後で構いませんので、まずはご購入の前にじっくりとご検討ください。お客様のお役に立てることを願っております。


料金(ライセンス価格)
商用ライセンス
価格:49,800円(税抜)(53,784円(税込))
→なぜこの低価格が実現できるのか?
→特定商取引に関する法律に基づく表示
商用/非商用目的に関わらず、法人又は法人格の団体(NPO含む)、官公庁や自治体にてご利用頂く場合のライセンスです。
個人であっても商用に利用する場合にはこのライセンスが必要となります。
本体をサーバに1つインストールする毎に1ライセンス必要です。具体的には「サイトのURL」に対してライセンスが付与されます。
ご購入
 ※ご購入ボタンを押して次の画面で決済方法を選択して下さい。
非商用個人ライセンス
価格:無料
個人で且つ、非商用の場合のライセンスです。バナー表示が義務付けられます。
アフィリエイトサイト運営も可能ですが、個人であってもアフィリエイトそのものが目的のサイト、また個人事業主登録されている方や法人様については(アフィリエイトサイトであっても)必ず商用ライセンスが必要です。
また、利用者制限(パスワード等)がかけられたページに適用する場合にも商用・非商用に関わらず商用ライセンスが必要です。
尚、「非商用」とは、一般的な個人が個人的な日記や趣味を書きとめる場合のことで、芸能人や歌手等が公式に日記をつけるような場合には、営利活動となります。よく分からない場合は弊社までお問い合わせ下さい。

詳しくはこちらをご確認ください。

領収書について
 領収書は以下の方法で入手、又は代替が可能です。

○コンビニ決済の場合
 代金お支払い時にコンビニ店より領収書を発行いたします。これが税法上も正式な領収書としてご利用頂けますので、そちらをご利用下さい。
 もしどうしても弊社発行の領収書が必要な場合は、領収書の二重発行を防ぐため、コンビニ店発行の領収書の原本を弊社まで郵送して下さいませ。
 折り返し、こちらより領収書を発行して郵送致します。
 尚、領収書には「振込にて」と記載し印紙代はお客様負担となります。コンビニ発行の領収書のご返却は致しかねますのでご了承くださいませ。

○クレジットカード決済の場合
   クレジットカード会社から発行される請求書(兼ご利用明細)が税法上も正式な領収書としてご利用頂けますので、そちらをご利用下さい。
   もしどうしても弊社発行の領収書をご希望の場合には、注文画面の「備考欄」に「領収書希望」とご記入ください。
 尚、領収書には「クレジットカード決済による」と記載し、収入印紙の貼付は致しません(カード決済の場合、直接の金銭の授受が無く、印紙税法上印紙が不要な為です)ので予めご了承下さい。領収書の送付先がご注文者と異なる場合は、備考欄に領収書送付先も併せてご記入ください。

○銀行振込、郵便振替の場合
 お振込み時に発行されます「振込明細書」が税法上も正式な領収書としてご利用頂けますので、そちらをご利用下さい。
 もしどうしても弊社発行の領収書が必要な場合は、領収書の二重発行を防ぐため、振込明細書の原本を弊社まで郵送して下さいませ。
 折り返し、こちらより領収書を発行して郵送致します。
 尚、領収書には「振込にて」と記載し印紙代はお客様負担となります。振込明細書のご返却は致しかねますのでご了承くださいませ。

 尚、領収書の日付はご入金日になります(確認日によって前後することがあります)。

なぜ、この価格が実現できるのか?
 一般的に数十万円~数百万円するCMSパッケージに対して、CMS Designerがなぜこの価格設定を実現できるのでしょうか?

 既存のCMSは、システム会社が独自に制作し、自社でサイト制作を請け負う形でのカスタマイズパッケージがほとんどでした。 「パッケージ化してコストを抑えました」と言いつつも、実際には要件ごとにプログラムを作り変えている事が多い為、多くの人件費と手間がかかるのです。また、そのシステム会社は下請けのウェブデザイナーに外注して管理費を取る事も多く、どんなに安くても数十万円、 ちょっと複雑になればすぐに100万を超えてしまいます。とても中小企業を相手にしている小規模Webデザイナー(とその顧客)には手が出せませんでした。

 「コンテンツ・マネジメント・システム」等のキーワードでGoogle検索すると分かりますが、初期導入費用100万円、月額費用30万円などというものも珍しくありません。 しかし、そのような高機能かつ複雑なシステムを必要とする顧客はほとんどいません。

  かといって、無料のblogツール等の「いきなりウェブサイト立ち上げ型」のツールは、ソフトウェア自体は無料でも、その設定、特にデザインのカスタマイズが非常に困難で、顧客の要件に合わせようとすれば結局プログラマーの出番が必要になったり、予想を大幅に超えた工数がかかって予算オーバーになることが多々あります。

 CMS Designerは、様々な用途にお使い頂ける柔軟性を備えつつ、カスタマイズ作業をデザイナーにも出来る範囲まで簡単にし、 サイトデザインへの組み込みも極力デザイナーに分かりやすいように工夫しています。面倒なデータベースも使っていません。「データをページに反映する事」に特化している為、使い方もシンプルです。この為、プログラマーを間に挟む必要がなくなり、結果的にこの低価格を実現することができました。

 さぁ、Webをデザイナーの手に取り戻してください。このツールがWebデザイナー達の強力な武器となることを願っています。